WORK FLOW     デザインの流れ



デザイン事務所<ライツグラフィ>では、デザインの採用を「結果」とは考えていません。

クライアント様の利益に反映した時こそ「結果」だと考えています。


結果を『成功』につなげるため、ヒアリング・リサーチを重要課題とし、

戦略やデザインを提案させていただきます。

01  ヒアリング
企業トップとのヒアリング(聞き込み)は重要課題です。
ここで経営戦略に即した解決策が出せるようヒアリングし、問題点を明らかにします。


02  リサーチ
市場調査をし、販売される現場での人の動き、競合商品の展開などを分析し、
企業に必要な点を見極めたデザイン開発を進めます。


03 方向性の確認
デザイン開発のコンセプトを提案し、企業とデザイナーの意識の確認をとります。
後に大きな食い違いが起きないよう、この時点でしっかり方向性を確認します。


04 プレゼンテーション
ここではデザイン提案に加え、コンセプト資料や、場合によっては企業に展開をイメージしやすいよう、
今後のアプリケーション(名刺・封筒・広告など)の仮案まで提案します。

 


デザインの決定後は、マニュアルを製作。納品とともにアイテム使用が可能になります。